2010年09月21日

J1#3 富士見レポ

Jシリーズ第3戦 富士見のレースレポ。

先に結果を言っちゃうと32位とまたもや予選通過ならず。前日のタイムドセッションでは乗れてた(?)だけにちょと悔シス。
まぁそれでも今シーズンの状況からすればまぁまぁかなと。
では詳細。

まずコースの紹介。たぶん知ってる人も多いけど一応簡単に。
スタートは高速セクション後のいつもの所。
スタート後、ちょっとうねうねして通常のAコースに合流、その後テーブルトップを飛んでまっすぐリフト降り場方面へ進む。
一瞬隣のゲレンデに出てまたリスト下にIN。そこから全日本と同様Bコースに入り、ビックドロップを飛んでAに再合流。
ゴンドラ下に出る前のS字から次のシングルまではキャンバーのショートカット。ここはいいんだけど、この先の左コーナーが難しい。

その後A'に進入、しばらくは通常ルートだけど、大岩手前のルートが変更されてた。いつもの橋は渡らず、新設の橋を渡って大岩の上のほうからほぼまっすぐ進入するルート。まっすぐといっても路面の岩がかなりボコボコ&木曜までの雨で超スリッピーな状態。

大岩を超えたら、通常のルートよりも左の黒土シングルを走ってAに合流。最後はゲレンデ。

総括すると体力よりもテクニックが要求されるテクニカルコース。
縦の動きが多いのと、コーナー間の”つなぎ”でタイムが変わるって感じでしたね。個人的には面白かった。



<土曜 試走日>
今回は日曜レースなので、金曜仕事の後現地入り。
木曜までの雨&レース用のセクションはクローズだったみたい。

土曜は朝から晴れ。先週に比べてだいぶ涼しく過ごしやすくなってきたね。
早速コースのチェック。漕ぎの区間は少なくセクション間のつなぎをうまく走ることがポイントと思いそう走ることを心がける。
難しいなと感じたのはゴンドラ下のショートカット後の左ターン。ここ今までは丸太がおいてあって突っ込んで当て込むってことができたんだけど、土曜朝の時点で丸太が外れて使えない状態。手前がちょっかりで突っ込むのでスピードコントロールが難しかった。

それともうひとつはA'の大岩ライン。お湿り状態ってのと岩ボッコで進入が激むず。散った人も多かったみたい。オイラは大岩乗り越えライン、回避ラインそれぞれをトライ&練習し、この時点では回避ラインを行く方向にすることに。

で、タイムドセッション。
リラックス気味にスタートし走ってみる。全体的には悪くない走り、体もよく動いている。で、A'の大岩。回避ラインその@を行こうとしたらバイクが違うほうに向いちゃって

あららららっ状態。でもなんか行けそうなのでそのまま行ってみたらあら不思議結構いい感じでいけちゃった(笑)。棚からぼた餅的に新ライン発見!次の日もう一度じっくりチェックすることに。

ゴールしてタイムを見てみると2分54秒台。この時点では速いのか遅いのかわからなかったけど、結果18位という自分でもびっくり結果。

う〜む、自分でもなぜ速いのかわからん。とりあえず乗れてることは確かのよう。でも逆に予選でどう走ればいいか悩んでしもた。

<日曜 本番日>
朝の試走1本目はラインチェック。特に大岩回避でいけちゃったラインと再度大岩超えのラインをチェック。
いけちゃったラインは、良く見るとちゃんといけそう(笑)。速くはないけどリスクも少なし。大岩越えはうまくいければ速い。但し進入でミスると後が怖い。

あとは本番の調子次第かな、とどちらも行ける状態で試走終了。

で、本番。
いつも通りCコースで体の動きをチェックしながらスタート地点まで移動。
みんなAコースかっとんで行くけどオイラはいつもCコースです。理由は・・・
 1)自分の体の動きをチェックしたい。
 2)余裕を持って走っていくことで、いいイメージでスタート地点まで行く。
 3)疲れない
 4)パンクしない
Cコースの方が自分の走りを再確認できるのよね。適度なペースで体を動かしながら行く感じ。それとスタート地点直前の高速セクションが苦手なので、苦手なイメージのままスタートに着くのが嫌ということもある。で、やっぱAって疲れるじゃん(笑)。パンクも可能性あるし、要はできるだけリスクを回避したいということ。

で、予選スタート。ランキングは草津のポイントが反映されていないため、だいぶ後半スタートでした。
スタート直後のセクションは無事クリア、その後ジープロードの後半の左ターンでちょっとミスして失速。進入ラインをミスって飛び出しそうになっちゃった。その後が登り返しなもんでここのロスは痛かった・・・しばらくは無難にクリアしビックドロップ進入。ここでちょっと色気を出したらめっちゃフロント荷重になってドロップを前落ちしちゃいました。自分でも「アブネェ〜」って叫んでたし(笑)。このドロップどうも上に飛んでる間隔があって、できるだけ前に飛ぼうと抑えたのが失敗。思ったよりもリアが残って前から落ちてった。こけなくて良かったって感じです。
その後のセクションは無難にクリア、A'の大岩はいけちゃったラインを使い前走者をパス。ゲレンデ手前の緩い右コーナーでちょっと膨らんで軽くブレーキングしちゃった。ゴールすると2分57秒で32位。チーン。。


タイムドセッションの3秒落ち。なぜだ?と思いつつ、たぶん細かいミスでの失速が効いたんだと反省。
なにはともあれこれで今シーズンのJシリーズは終了です。
たぶんエリートは残留できる・・・はず(不安


なにはともあれ無事に終われてよかったですよ。
応援してくれた皆さんありがとうございました。

さっきYOUTUBE見てたらビックドロップの映像を見つけたので貼り付けます。4:37あたりに出てきます。
(勝手に貼っちゃってすみません。問題あったらコメントください。)



SJ
【SUPPORT】
重力技研:サスペンションチューニング、機材
drop8:ライディングウェア
Z-WORKS:バイク&ヘルメットペイント





posted by SJ at 22:15| 神奈川 ☀| Comment(2) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした。惜しかったですね。
それにしても、最新からちょい古、マイナーなものまで、色んなバイクが走ってて、面白いですね〜。
Posted by こぶ at 2010年09月21日 22:44
>こぶさん
惜しかったんす。悔しいっす。なんてね(笑)
そうなんですよね、エリートでもバイクジャンルが幅広いんですよね。むしろエキパ、スポーツのほうが高級車多かったりして(笑)
Posted by SJ at 2010年09月23日 19:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。