2010年05月31日

Jシリーズ#2 富士見レースレポ

ジャパンシリーズ第2戦富士見パノラマのレースレポ。

腰痛のため第1戦の箱館山はブッチしちゃったので、今回が今シーズン初のレース。
今シーズンは富士見自体もそれほど行けてなく、だいぶ回復したにせよまだ右足が辛い状況なので、とりあえず走るだけという思いで参戦。
木曜夜中に現地入りし、金曜は練習&タイムドセッション、土曜本番というスケジュール。

drop8ウェアでのデビュー戦だし、メットも新調したしで見た目だけは文句なし。後は走りだけだな(笑)

ちなみにウェアは練習時はskl-ivyのオレンジ、本番はLeo-Vicious。本番でskl-ivyの黒を着ようか悩んだんだけど、いっちょ派手に行こうかと思い目立ち度120%の豹柄で走りました。最初見たときはびびったけど、最近では一番のお気に入りだったりして♪


金曜日

事前情報でコースが若干変更されているというので、その辺を重点的にチェック&ライド。とはいえあまり乗りすぎると足に響くので、あまり本数は走らず集中して確認。

通常のAコースからの変更点は大きく3つ。
 @ スタート地点〜ジープロードの区間
 A スイッチバックセクションのショートカットライン
 B A'大岩越えの後のライン

@は木を回り込むラインとインカットするラインがあって、オイラは迷わずインカットをチョイス。
オフキャンバー状だから多少のリスクはあるけど距離がぜんぜん短いのでインカット。

Aはオイラが好きなスイッチバックを縦にショートカットするライン。
ドロップオフが続くところなんだけど、ここはしんどかった・・・腰に響くのよ(笑)
ラインは複数あって何処走ろうか悩んだけど、結局一番最短のラインをチョイス。

Bは大岩の目の前にある木を左から回り込むライン。(去年の秋のJと同じかな)
ラダーから岩左側を降りるんだけど、その後のロックセクションが難所。ちょっとラインをミスると大幅タイムロスなところ。
練習時はいくつかのラインを試すもすべて失敗(笑)


そんなこんなでのんびり練習後にタイムドセッション。
スタートしてしばらくは無難に走るもAのところに差し掛かった時・・・「あれっ?何処のライン走るんだっけ?」と迷いが生じ、進入ミス。
ギャラリーからの罵声?声援?応援?笑い声?を聞きながら、超ドタバタしつつも何とか走りきる。

走りながら「アババババッ!!」って叫んでるし(笑)



その後は2ストップ作戦を敢行し3:00:907というタイムをメイク。41位。まぁ今の自分ではそんなところかと。


土曜日

朝の試走では前日ミスったラインのチェックを重点にライド。進入のラインと、雰囲気をきちんと把握することに専念。
ゴンドラの中で今日のライディングテーマを考える。
とにかくこけない。右足の状態を考え無理しない。できるだけスムーズに走ることを考える。
誰もがそうだけど、やっぱり本番となると緊張、焦りからうまく走れないことが多い。できる限りそれを回避すべく考えたテーマ。。

「あせらない、そんなに漕いでも、タイムでない」
あせって漕いで疲れてミスするよりは、丁寧に丁寧に走ろうを誓う。

で、本番。
今シーズン初レースのせいか珍しく緊張してる。
スタート地点に行くまでのCコースでなんとか平常心を取り戻しつついよいよスタート。
頭の中ではテーマを思い浮かべ、無茶はしないようにする。
TセッションでミスしたAのセクションに進入。足の力が抜けるのをなんとかこらえ無事クリアするもゴンドラ下の180度ターンを曲がって漕ごうとするも、スタンディングが辛くなってきてシッティングで休憩。



その後Tセッションでピットストップを演じた箇所を無難にクリアし、A'までになんとか回復させようとまたもやシッティング。
A'の進入。段差が辛い。。。なんとかこらえ大岩セクションに突入。
ここはギャラリーポイントだからカッコ悪いところは見せれん!と奮起。練習ではだめだめだったロックセクションも奇跡的にうまくクリアできた。
もうこの時点で右足がしびれて力入らんのよorz・・・

そんなこんなで何とかゴール。タイムは2:54:524。この時点で34位。その後一人に抜かれ35位というリザルトでした。
決勝ラインまで2秒強足らず・・・それなりの結果でほっとしつつも、悔しさもこみ上げる。

たぶん痺れもそうだし、今シーズンになってからあまり乗ってないので足の筋肉が落ちてることもあると思う。
だいぶよくはなってるもののまだ無理は禁物。幸い全日本まで少し期間が空くのでもう少しいい状態に持っていけるといいな。

一方、スムースに走ることで意外とタイムが出ることも再認識。
もちろんこれ以上は漕ぎの要素が加わらないとだめだけど、漕げなくてもそれなりのタイムが出せたのはすごく良かったと思う(前向きに考えよう)。


最後に機材ネタをちょっと。
バイクは腰痛対策で若干ハンドル高めにセットアップ。
ヘタッってたフロントフォークのスプリングを新品に変えたから動きがしゃきっとしていい感じ。
そんなところ。あとはいつもどおり。
タイヤは本番はフロント:ミニオンF UST 2.5(2.1K)、リア:アーデント 3C 2.4(2.3k)
練習時にフロントタイヤにアーデントを試したんだけど、結局ミニオンの方が安定感があったのでチェンジ。リアは転がり重視でアーデントのまま。
結構いろんな人に「どう?」聞かれたけど、アーデントはバランス重視の味付けかな。ピークグリップはそれほど高くないけど転がりの軽さがいい。滑り出しは早いけど、ハイローラーよりもマイルドなのでコントロール性は高いように感じる。
もう少しサイドグリップの粘りが欲しいと思うけど、今回のようなコースではいい感じでした。ハイローラーはいいんだけどライフが短いのと特性がちょっとピーキーに感じるので今回のように安定性を重視する走りではちょうど良かったんでないかと。
気になる人はお試しあれ。

以上レースレポでした♪

SJ
【Support】
重力技研(サスペンション)
drop8(ウェア)
Z-WORKS(バイク&メットペイント)

Special thanks KIKURIN

追記:写真&ムービーお持ちの方。是非下さいませ♪


posted by SJ at 22:56| 🌁| Comment(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。